三歩目:出会い

2020年2月4日

 

岐阜の姿勢改善専門  ピラティススタジオ

studio ARCOSの葛谷晶子です。

 

少しずつではありますが、新たにご入会をいただいています。

 

体験セッション時に寄せられた言葉の中から、「そんなものだと思いたくなかった」という言葉を本日はご紹介したいと思います。

「ここ数年、身体の変化、不調が増えてきて不安に思っていたが、何とかしたかった。いろいろな身体の状況を年齢のせいにしたくなかった、そんなものだと思いたくなかった」という会員様がいらっしゃいました。

その言葉に私も共感します。

ホームページでも書きましたが、日ごろ、そんなものだと思ってしまいがちなことも、多くは身体の使い方を正しく行うことができるようになれば改善が可能で、身体はもっと自由になります。正しく使い適した環境に置けば多くの道具が快適に使用できるように、私たちの毎日ももっと快適に過ごせるはずなのです。

長い間運動をしてこなかったけれどスタジオ アルコスにご来店くださることでやってみようと決意くださった方、何をすればよいのかわからず困っていたけれど、ピラティスを通して身体を整えてみようとスタジオ アルコスを選んでくださった方、身体の不安を予防したいと考えてスタジオ アルコスに来てくださった方など、どなたも「そんなものだ」ということにしないために新たなスタートを切られたのだと私は考えています。

 

始めてよかったと、今日も、明日も1年後も10年後も言っていただけるよう、スタジオアルコスも歩んでいきたいと思います。

2月も新たな出会いがありますように。