75歩目 変わりつつあるもの

岐阜市の姿勢改善専門ピラティス

スタジオアルコスです。


老舗のドジョウ料理店。

変わらぬ味を守り続けていると

評されているその店が

実は味を変え続けている?!

という内容のテレビ番組を見たことがあります。

 

訪れるお客さんは

いつ来ても変わらぬ味だね、美味しいね。

また来たいね!と言いながら帰っていく

のですが実はその店、なんと味付けを

少しずつ変えているのだと言うのです。

 

どうしてそんなことをするのか‥。

 

疲れると甘いものが欲しくなったり、

高齢になるとさっぱりしたものを

好むといった味覚の変化は珍しくありませんが、

個人というより世の中、すなわち大衆の味覚も

環境に影響されて少しずつ変わっていくそうなんです。

例えば、気候や時代、諸々の変化によって‥。

そのドジョウ料理店はそれに合わせて匙加減し、

多くの人に好まれる美味しさを追求している

わけなんだとか。

その努力の結果、自分達の味覚の変化に

気づいていない常連さんたちは

いつもと変わらない味を食べているように

感じると言うのです。

その番組を観たのは

もう何年も前のことで

多少うろ覚えではありますが、

その時に受けた感銘は今でも

残っています。

知らず知らずのうちに

基盤となるものは変化することが

あるということ

聞けばなるほどと思うようなことですが

気づかずに年を重ねていても

おかしくありません。

 

そしてもう一つ心が動いたのは

変わり続けているからこそ変わらない、

変わり続けているからこそ安定している

ということです。

これらは私たちの日々の生活において

とても学び深いものではないかと

思います。

 

先ほどの味覚のみならず

私たちは常に変化しています。

個人差もありますし、捉え方も

人それぞれでしょう。

 

その変化に

どのように向き合うのか。

 

知らないままでいるのか。

気づくのか。

 

どのように対応しながら変化していくのか。

 

全て変化の先に待っている日々の生活へ

直結しているのではないでしょうか。

 

 

向き合い方は千差万別であって

正解はないだろうと思います。

ただ、どうせなら毎日が心地良くなる対応を

していきたいものです。

 

スタジオアルコスへ姿勢改善を目指して

お越しくださる多くの方が

姿勢を良くしたい、変わりたい!などの積極的な

思いをお持ちです。

その積極的なより良い変化への土台として

知らないうちに変わりつつあるものへの

対応も欠かせません。

 

同じ言葉でも

意味合いが違うけれどいつも共に存在する

変わるということ。

 

私たちの中、ミルフィーユのように

何層にも存在しています。

そのグラデーションを発掘しながら

姿勢改善をしていきたいものです^ ^。

2022年6月9日ako©2021studioARCOS Akiko Kuzuya

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

66歩目 思っていたより‥。

岐阜市の姿勢改善専門ピラティス

スタジオアルコスです。


先日ご入会くださった方の

体験セッション感想の中に

 

思っていたより楽しくて、

思っていたより難しかった

 

という表現がありました。

ちょっとした動きも簡単そうな動きも

やってみると結構難しい。

思いのままに動かしたくても

動けない、どうしたら良いか

わからない。

動けないから、動かしたいところの代わりに

他が何とかしようと

して、身体が勝手に動いちゃう‥。

あれ〜??

 

そういう時って、

自分にちょっと呆れてしまうと言いますか

呆然としてしまうと言いますか、

なんとも言えない感動(笑)が

押し寄せます。

新しい自分を発見したみたいなんですよね。

本当は新しい自分ではなく

今までずっとそうだったということを

知らなかっただけで、古くからの

お付き合いなんですけどね。

 

「思っていたよりも難しい‥」。

これはスタジオアルコス会員さまの共通語です。

そして、そういう発見や

身体を動かしながら学ぶのが楽しいことに

同時に気づくから

「楽しい!!」も

スタジオアルコスの共通語。

 

とても大切な言葉です。

姿勢改善を

日常に加えられた冒頭の会員さまが

心地よい毎日をお過ごしになれますよう

スタジオアルコスは

ワクワクしながらセッションをご用意して

います^ ^。

あこ©2021studioARCOS Akiko Kuzuya

 

 

 

 

 

 

 

 

 

65歩目 大丈夫!!

岐阜市の姿勢改善専門ピラティス

スタジオアルコスあこです。


昼間はまだまだ暑い日が続きますが

夜は涼しく気持ちのよい気候ですね。

 

9月は忙しかったという会員さまが

多く、中にはお久しぶりの方も。

 

「良かった〜!!腹筋の使い方忘れてしまっているんじゃないかと心配していました」

 

とおっしゃられたのは

小さなお子様をお持ちの会員さま。

夏休みと9月の在宅オンライン授業と

仕事でお忙しい日々を過ごされており

その間、セッションはお休みと

なりました。

約2ヶ月ぶりの再開です。

 

セッションでは、

基本のポジションを確認しながら

じっくり身体の記憶を呼び起こして

いきました。

実はご入会されたばかりで2回セッションを

した後の2ヶ月のブランク。そのため

ご本人もとても心配されていたご様子でしたが、

大丈夫でしたよ^ ^。

ちゃーんと腹筋さん、いらっしゃいました。

 

丁寧に動き、よーく観察しながら50分。

2回目よりも3回目、さらにスイッチが

入るのを実感されて終了♡

良かった良かった!!

こんな時の笑顔は本当に素敵ですね。

 

何か始めるにあたって

諸事情でなかなか始められない

という時もありますが、

始めたばかりなのに

そんな時に限っていろいろな事が

起こり、思うように時間が

取れない状況になってしまったという

経験をお持ちの方も

きっと少なくはないでしょう。

 

そんな時は

せっかく始めたのに、と気持ちが

憂鬱になったり、

無駄になってしまったような気がして

焦ってしまったり、

期間が空いてしまったから

もうだめだなあ、とやる気がなくなって

しまったり‥。

ストレスが溜まりますよね。

 

スタジオアルコスは

そんな時、皆さまに

大丈夫ですよ^ ^

とお伝えしています。

 

なぜなら、

一度でもスタジオセッションを

受けたなら

心にも身体にも姿勢改善への

スイッチが既にオンになっているからです。

そして、そのスイッチはそんなに簡単に

切れるものではありません。

 

「ホームワーク、結局できなかったです」

とおっしゃる方でも

実は、よくよくお話を伺うと

スタジオで身につけたより良い意識が

日々の生活の中で

生きているんですよね。

だから大丈夫なんです。

 

もちろん、セッションの間隔は

短い方がお勧めです。

ホームワークだってせっせと

取り組んだ方が

良いに決まっています。

 

期間がかなり空けば、

改善のスピードも遅くなることが

一般的ですし、身体もいろいろな事を

忘れていきます。

 

でも長い人生、

誰にだって

いろいろありますよね。

 

大切なのは

続けること。

ご自身の可能なペースで

長く長く継続する。

それが肝心だと思います。

 

ブランクがあったとしても

身体は思い出し、

より良い状態にしていくことが

できます。

 

時間を作るのがままならないような

どうしようもない時が来ても

どうぞあきらめることなく

落ち着いてからでも大丈夫!!

スタジオアルコスの扉を

また開けにいらしてください^_^。

 

スタジオアルコスは

会員の皆さまといつでも繋がっています^ ^。

心地よい今日と

心地よい明日

心地よい5年後

心地よい10年後のために。

 

あこ©2021studioARCOS Akiko Kuzuya

 

 

 

 

59歩目 セッションを創る

岐阜の姿勢改善専門ピラティス

スタジオアルコスの葛谷です。


セッション開始間もなく

ああ、ここに来ると

スッキリする〜、

とつぶやき、

やっぱり来なくちゃね♡

と言ってお帰りの会員さま。

ありがたき幸せです。

 

スタジオアルコスでは

セッションは共同作業です。

夢と目標を共有し歩んでいきます。

動きの学習を行いながら、

ご自身が感じたこと、考えたこと、

わかったこと、気づいたこと

など常にお話いただいて

います。

私も会員さまのお話を伺いながら

またご様子を見ながら、

何が今必要かを判断して

足したり、引いたりしていきます。

 

こうして

どちらかの一方通行ではなく

相互に行ったり来たりしながら

セッションを

一緒に創り上げていく道のりは

会員さまの姿勢改善と

健やかで心地よい毎日にとても

大切なことだと考えています。

いつもありがとうございます。

 

Ako©2021studioARCOS Akiko Kuzuya

 

 

 

 

 

 

 

 

36歩目 パーソナルセッションの魅力

岐阜の姿勢改善専門ピラティス

スタジオアルコスの葛谷晶子です。


 

「あらっ♪ 体幹周り、背すじと

すっきりすらりとしてきましたね」

会員様「そうなんです!!何かこの辺りが

いい感じになってきました!!」

 

という会話で始まった先日のセッション。

セッション終わりに

身体が軽やかに動けることを

確認しながら、

「今まで何だったんだろう……」と

つぶやかれました。

 

ヨガやピラティスのグループセッションを

コツコツ続けられていらっしゃる方なので

グループセッションの良さ,

楽しさもお分かりの上で

パーソナルセッションの効果を

実感していただけた結果のお言葉なのかなと

思います。

 

スタジオアルコスでは、

その方にとってどうすることが

最善なのかを常に念頭に置きながら

セッションを行っています。

同じエクササイズを行ったとしても

何のためにするのかは

提供させていただく会員様ごとに

違っており、お伝えする言葉も変わります。

また同じ方であっても

その時の身体の状態によって

どこまでお伝えするかを決めています。

この匙加減をちょうどよい具合にするには

パーソナルセッションにて

一対一で向き合うのが一番です。

 

そして、ひとつひとつのエクササイズで

どのように身体を使ったのか、

使えたのか、使いにくかったのかなどを

観察させていただきながら、

またご自身でも感じていただきながら

次に何をするのかに繋げています。

これも、パーソナルセッションであれば

その時に最もお勧めのものを

ご提供できるというわけです。

 

セッションで実際に会員様と過ごす時間は

約50分。

ですが、会員様が帰られた後も、

その日のセッションの振り返りから

次回どうしていくかの検討まで、

私の頭の中は

まだまだ会員様と

ご一緒している状態です(笑)。

 

ちなみに冒頭の会員様、

ご入会くださってから7か月あまり。

途中コロナによる外出自粛で2か月ほど

お休みとなりましたが、ホームワークも

ご自身のペースに合わせて取り入れつつ

楽しくセッションに取り組んでくださっています。

姿勢改善、動きの改善が少しずつ成果となって

現れてきているよい兆しで、

私もうれしい限りです。

 

変化の現れ方やペースは人それぞれ。

スタジオアルコスでは、

パーソナルセッションを通して

その「それぞれ」を大切にいたします。

 

 

Ako