22歩目 これからの私たちに必要な二つのこと

岐阜市の姿勢改善ピラティススタジオ

スタジオアルコスの

葛谷晶子(Ako)です。

 

岐阜を始め39県での緊急事態宣言が解除され、

多くの皆さんが手探りで、進み始めているところだと

思います。

スタジオアルコス、5月23日に営業を少しずつ

再開することにいたします。

 

解除されたとはいえ、解決したわけではない、

まだこれからどうなるのかもわからない。

世の中苦しい状況が続いているのが現状です。

 

スタジオアルコスに関して言いますと、

3月の冒頭には、どうすればよいのか、

ただただ動揺するだけでしたが、

今は違います。

 

長い緊急事態宣言のもとの外出自粛を経験して、

身体を動かすことの大切さ、

ただ動かすだけではなく

適切に正しく動かすことの

必要性を改めて身を持って感じました。

同時に、皆さんどうされているだろうと

案じてしまう毎日でした。

 

未知なる外からの脅威から身を守ることが

まずは第一優先ですが、

さらに生きていくためには

内なる力である

「動く」という身体機能の力を

しっかり発揮させること。

この二つ、

どちらも決しておざなりにしてはいけない。

 

これから、新型コロナウィルスとともに

暮らし、乗り越えていく中で

スタジオ アルコスにできること、

お役に立てることは

適切に正しく動くことに関するお手伝いです。

正しく動くということは、生きる力であり、

姿勢はそのバロメーターです。

皆さんのお役に立ちたい、

お役に立てるはずだと

思っています。

新型コロナウィルスの感染拡大予防に

十分に注意を払いながら、

そしてどうあるべきかを常に模索しながら

進んでまいります。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、

そんな中で再スタートにおいて、今すぐにでも

外出自粛で負った身体のダメージを改善する

きっかけ作りを!と考えまして、

キャンペーンを行います。

ぜひ、この機会にスタジオへお越しください。

詳しくはこちら→お知らせ

オンラインセッションも受け付けております。

Ako