70歩目 2022年は、

岐阜市の姿勢改善ピラティススタジオ

スタジオアルコスakoです。


2022年が明け10日あまり。

 

先日、ある方に

どんな1年にしたいかお尋ねしたところ、

「取り立ててこれ!!

というわけではないけれど

少しずつ成長ができたらいいな」と

お返事が返って来ました。

 

少しずつの成長が積み重なって

素敵な変化へと繋がっていく。

そんなことを今年も感じていただけるような

スタジオでありたいと思います。

 

この春は

いよいよ夢を叶えるための一歩を踏み出す人、

あることに再び挑戦しようとしている人、

新たな仕事に就く人、

など転機を迎える会員さまも何人か

いらっしゃいます。

 

どなたも

コツコツ姿勢改善に取り組み、

変化を遂げられつつあります。

少しずつの成長を積み重ねながら

迎える転機です^ ^。

 

そんな成長と変化が

いつだって会員さまの健やかさへと

繋がり、どんなことであれ、

何かをする際の安定したホームベースに

なりますように。

スタジオアルコスも

少しずつ成長していきます!!

 

2022年もよろしくお願い申し上げます。

 

あこ©2021studioARCOS Akiko Kuzuya

 

69歩目 しなやかな姿勢のように。

岐阜市の姿勢改善専門ピラティス

スタジオアルコスです。


年末になると

交わされる「よいお年を」。

 

このやりとりが好きです。

新年を迎えるって

12月31日から

ただ一日カレンダーが進むだけだと

言ってしまえばそれまでなのですが

一年を振り返ったり、年末の慌ただしい中を

過ごしたりしながら

会う人ごとに「よい年を」と声を掛け合う、

そんなひとときが

特別な感じがするのです^ ^。

新しい年を迎えることへの

お祝いの気持ち、

幸せを願う気持ちが

こもった年末のやりとりに

ちょっと心躍るんですよね。

 

11月、12月にはそんなちょっと

特別なやりとりの中で

多くの素敵なお言葉を

いただきました。

そのどれもが

嬉しくて大切に覚えておきたいもの

ばかりです。ありがとうございます。

 

その中から一つご紹介します。

 

「あこちゃん、

おだやかな1年をおむかえください」

というメッセージ。

 

おだやか。

穏やか。

 

いいですね。

いいですね〜。

おだやかな1年にしたいですね。

 

健やかであること、目標に邁進すること

楽しいことがたくさんあること、

幸せであること、素敵なことがたくさんあること、

夢を叶えること。何かのために頑張ること。

 

願いは人それぞれ数多くあるでしょうが、

その土台に

おだやかさがあったら、きっといい。

 

暮らしていく中ではどうしたって

いつもそうとばかりは

いきませんが、

戻る場所、とでも言いますか

ピラティスでいうところの

ニュートラルポジションのような感じかな、

と思います。

しなやかな姿勢のように。

 

どうぞ皆さま

よいお年を♪

そして

おだやかな一年をお迎えください。

 

あこ©2021studioARCOS Akiko Kuzuya

 

 

 

68歩目 終わりの始まり

岐阜市の姿勢改善専門ピラティス

スタジオアルコスです。


いよいよ12月を迎えました。

一年の終わりの月ではありますが、

昨日今日は、終わりの月の始まりの日。

新鮮な気持ちでこの二日ほどを

過ごされた方も

多かったのではないでしょうか。

 

私もそうでした。

前夜の雨風が収まった朝の

通勤の道すがら

澄んだ空気を感じながら

風で落ちた紅葉を眺めたり

まだ樹に残っている紅葉を眺めたりと

季節の変わりを改めて感じました。

少し特別な感じがした12月1日。

アルコスには会員さまが

いつものようにお越しくださり

いつものように笑顔を見せてくださいました。

 

少しずつ良い方向へ向かっていることを

実感されたり、

新たな課題を見つけたり、

ホームワークをすっかり忘れていたり(笑)、

今日は面白かった!!と感想を下さったりと

賑やかな1日でした。

 

そして、新たなお仲間も。

一年の終わりに何かを始めると言うのは

ワクワクしますね。

 

穏やかにスタートした

12月。

あっっっ‥と言う間に

31日を迎えそうですが、

まだまだ終わりの始まりです。

 

調子の良い時も

あんまりな時もあるかと思いますが

健やかで

じんわり気持ちの良い時の多い

ひと月となりますように。

 

あこ©2021studioARCOS Akiko Kuzuya

 

 

 

 

 

 

 

67歩目|謎が解けた!‥苦しめていたのは‥

岐阜市の姿勢改善ピラティススタジオ

スタジオアルコスです。


「‥ようやく謎が解けた感じがします。

劇的に、ひざ上の疲れが減りました!!

自分で自分を苦しめていたんだなぁと実感。。。」

 

セッション後数日経ってから

メッセージをいただきました。

膝上がひどく疲れるという悩みを抱えていた

会員さまです。

 

こんな時はとても嬉しいですね^ ^。

会員さまのお顔が目に浮かびます。

 

セッション時に

改善のためのメニューをこなした

会員さまでしたが、途中でご自身の動きの癖に

気づかれました。

 

「人って

知らないうちに自分でいろんな癖を

つけちゃっているんですね!

私、確かにそうしちゃってた‥。

全く気づいていなかったです!」

としみじみ仰いました。

 

本当にその通りで、

癖は知らないうちについています。

知らないうちに、と言うくらいですから

その癖を癖だと自分では気づいていない場合が

多いのです。

 

癖が気付かれないないままでいると

身体が正しく働かない状態で長い間過ごすことになり、

残念ながら不調が起きやすくなる可能性が

次第に大きくなってきます。

また身体は全身繋がっていますから

癖が新たな癖を引き起こしていきます。

自分で自分を苦しめてしまう所以ですね。

 

自分が自分の不調を作り出しているのなら

自分の不調を改善するのも自分自身。

その一歩を踏み出すために

何が癖なのか、自分の身体がどうなっているのかを

知っていくことはとても重要です。

 

身体と対話する。

身体を認識する。

スタジオセッションのメニュでは

そういう時間に

どっぷり浸かることができます。

 

改善のための動きの学習方法は

お一人お一人違いますし、かかる時間も

個人差があります。

アルコスのセッションではそれぞれの

会員さまに最も適した方法をご提案しながら

じっくり取り組んでいただいています。

 

冒頭の会員さまのメッセージの最後には

「もうそんなに頑張り過ぎなくていいよ、と膝上をさすりながら話かけています」

とありました。

それだけお悩みは深かったのだと拝察し、

私もしみじみと思いを馳せました。

 

身体と対話する。

身体を認める。

 

それはとても大切なひとときです。

 

そこから謎解きも始まります^ ^。

そして心地よい毎日も始まります^ ^。

 

あなたも始めてみませんか?

冒頭の会員さまも

さらに心地よい毎日を目指して

アルコスと共に姿勢改善を進めていかれます。

あこ©2021studioARCOS Akiko Kuzuya

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

66歩目 思っていたより‥。

岐阜市の姿勢改善専門ピラティス

スタジオアルコスです。


先日ご入会くださった方の

体験セッション感想の中に

 

思っていたより楽しくて、

思っていたより難しかった

 

という表現がありました。

ちょっとした動きも簡単そうな動きも

やってみると結構難しい。

思いのままに動かしたくても

動けない、どうしたら良いか

わからない。

動けないから、動かしたいところの代わりに

他が何とかしようと

して、身体が勝手に動いちゃう‥。

あれ〜??

 

そういう時って、

自分にちょっと呆れてしまうと言いますか

呆然としてしまうと言いますか、

なんとも言えない感動(笑)が

押し寄せます。

新しい自分を発見したみたいなんですよね。

本当は新しい自分ではなく

今までずっとそうだったということを

知らなかっただけで、古くからの

お付き合いなんですけどね。

 

「思っていたよりも難しい‥」。

これはスタジオアルコス会員さまの共通語です。

そして、そういう発見や

身体を動かしながら学ぶのが楽しいことに

同時に気づくから

「楽しい!!」も

スタジオアルコスの共通語。

 

とても大切な言葉です。

姿勢改善を

日常に加えられた冒頭の会員さまが

心地よい毎日をお過ごしになれますよう

スタジオアルコスは

ワクワクしながらセッションをご用意して

います^ ^。

あこ©2021studioARCOS Akiko Kuzuya

 

 

 

 

 

 

 

 

 

64歩目 最後の一葉

 

セネシオ キング クレイニアという鉢植えが

スタジオアルコスでの初めての夏を

過ごしています。

 

この植物、夏が休眠期だそうで

6月末頃から

一枚、また一枚と次々落葉しておりました。

もしかして全部落ちちゃう??と

気になっていましたが

まだ少しずつ残っている状態です。

 

そんな中、鉢植えの中の一番小さな株は

早々に最後の一葉となりまして

しかも葉先は色が変わって来たため

これはいよいよ全部落ちてしまうのかな?

と思っておりましたところ、

夏休み明けの

先日発見したのが

新しい新芽たち!!

そういえば、

休み前に

頭のてっぺんにもしゃもしゃ、そよそよと

うっすら髭みたいなのを見た覚えがありました。

なんだこれ?と少しつまんで、首をかしげて

手を離したのでした。

うっかりむしっちゃうとか(汗)

余計なことをしなくて

良かった〜。

 

現在は、最後の一葉となるはずだった葉と

新芽が美しく共存しています。

 

8月も後半。

空を見上げれば、時折秋の気配の

雲が姿を見せ、

ツクツクボウシが鳴き、

日も少しずつ短くなっています。

 

ちゃんと気配を感じ取り、流れに

乗っている新芽たち。

 

スタジオへお越しの際はぜひ

ご覧くださいませ。

 

あこ

 

©2021studioARCOS Akiko Kuzuya

 

 

 

63歩目 変化を楽しむ

岐阜の姿勢改善専門ピラティス

スタジオアルコスです。


想像していたよりも

変化していて

びっくり!!嬉しいです^ ^。

そんな感想を先日いただきました。

 

初回セッションから確実に姿勢が改善されて

いるのをカウンセリングにて

ご確認いただいた際のことでした。

 

じっくりじっくり。

積み重ねの結果です。

 

初めのうちは

よくわからなかったし

そんなに負荷のあることを

している訳ではなさそうだし、

大丈夫かなあ、と思っていました、

と会員さま。

 

ご心配をおかけしていたようです(汗)。

喜んでいただけて

よかったよかった!!

そして

楽しくコツコツ続けてくださったことに

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

ご自身にも

日常生活で

姿勢に対する意識が芽生えていらっしゃる

そうです。

また、疲れがたまっては

通っていらっしゃった

マッサージにも行かなくなっている

そうですよ^ ^。

 

スタジオへ通ってくださるたびに

身体には変化が起こっています。

それがすぐに目に見える場合と

目に見えてくるまでに時間がかかる場合とがあります。

同じように、ご自身で感じられるのにも

すぐにわかる場合もあれば、なかなか

実感できない場合もあります。

それでも継続していくことで少しずつ

より良い方向へ変わっていきますので

楽しみに、そして楽しくセッションに

ご参加くださると良いなあ、と思います。

 

会員さまの変化を見出すのは

スタジオアルコスの役割ですが

ご自身がお気づきになることも

次第に増えていきますよ。

 

 

スタジオにはいろいろな会員さまが

通ってくださっています。

皆さまからお聞きしたコメントを

少しご紹介しますね。

 

姿勢が良くなってきたのを感じる。

人から姿勢を褒められることが多くなった。

綺麗になったね、と褒められた。

座っているときに脚が開かなくなった。

股関節の調子がいい。

前モモが張らなくなった。

モモが細くなった。

お腹が使えるようになってきた。

お通じが良くなった。

体重がキープできている。

体重が増えても以前みたいに

がっかりなお腹、腰回りにならなくなってる。

日常で気をつけられることが増えた。

すらっとしてきたね、と言われた。(むしろ体重増えてるのに。)

呼吸が深くなって焦っている感覚が減った。

疲れにくくなった。

疲れてもホームワークをすることで身体が楽に保ててる。

普段の生活で今ここを使っているなと実感できる。

腰の調子がよくなってきた。

肩が楽になってきた。

膝を気にしなくなった。

仰向けで寝るのが気持ち良くなってきた。

 

皆さん、変化を楽しんでくださっています。

小さな変化の積み重ねを

楽しみながら認めながら、

日々をより快適に

より過ごしやすく。

 

スタジオアルコスを生活の一部にすることが

そんな心地よい日々につながりますように。

 

いつもありがとうございます^ ^。

 

あこ©2021studioARCOS Akiko Kuzuya

 

62歩目 本当にそれは楽なのか。

岐阜の姿勢改善専門ピラティス

スタジオアルコスです。


癖を直すのって苦痛だけど、

直してみるとこっちの方が

断然楽だということが

わかってきました!!

とお話しくださった

会員さまがいらっしゃいます。

 

膝に痛みを感じて整形外科を受診されたものの

「特に問題は無いです。

運動してくださいね~」と

ドクターに言われた会員さまで、

現状をより良くすることを目標の一つにして

姿勢改善に取り組んでいらっしゃいます。

 

アルコスでは

セッションで

学んだことが日常で活かされるよう

普段の生活のご様子も

頻繁にお聞きしています。

ご様子を拝見したり、お話を伺いながら

あ、これは、癖を助長しているな、

ということがあれば、

セッションで行った内容と合わせた

改善のためのご提案をし、無理のない範囲で

ホームワークとして

取り組んでいただいています。

そんな中での感想が冒頭のお言葉でした^ ^。

 

普段の身体の使い方における癖がどのように

生まれるかというと

そうすることが

ただ楽なような感じがするから

無意識で行っていたり

お仕事上同じ動作を繰り返していたり

怪我や、不調が発端となっている場合があったりと

様々ですが、

多くの場合は無意識のもとで動いていますので

それを意識して行動を変えようというのは

簡単なことではありません。冒頭の会員さまが

苦痛という言葉を

使用されたのにもうなずけます。

 

自然となっていたことを、

意識してするというのは

行動にワンクッション入りますし、

身体の感じ方も変わりますから、

慣れるまでには

どうしても落ちつかないものです。

 

ですが

一見楽なことや

自然となってしまっている癖のある姿勢は

刹那的には筋肉に楽をさせていたとしても

長い時間の経過においての

筋バランス、筋と骨格のバランスで見た場合

身体そのものにとって

決して楽なことではなく、

むしろ身体を痛める原因になりかねないのなら

なんとか乗り越えたいものですよね。

 

スタジオでのセッションで学ぶ

身体の使い方はそれを乗り越えるために

大いに役に立ちます。

そして知らないうちに理想的な

身体の使い方ができるようになっていく、

そんな過程を目指します。

もしくは

ついついしてしまったとしても

そこから自分で修正する知恵を身につける。

そんなマネージメントの能力を目指します。

 

本当にそれは楽なのか。

これは姿勢改善をしていく上での

大切な視点の一つです。

冒頭の会員さまは

癖に向き合い、

生活の質が少しずつ

改善されることによって

このとても大切なことに

気づかれました^ ^。

これもまた、

大いに役に立つでしょう。

 

とはいえ、

まだまだ始めたばかり。

これからがますます楽しくなるような

セッションを

会員さまと一緒にしてまいります^ ^。

 

あこ©2021studioARCOS Akiko Kuzuya

 

60歩目 Smile is…

岐阜の姿勢改善ピラティス

スタジオアルコスです。


私事ですが、先日、

しばらく笑顔がご無沙汰だった人の

嬉しそうで楽しげな笑顔を

見ることができたんです。

それはそれは嬉しかったですね。

 

買い物をしたときに

優しい笑顔で店員さんが対応してくれた。

通りすがりに目があった赤ちゃんが

笑ってくれた。

何気ない日常で笑顔に触れるということは

ちょっといい感じなひとときです。

 

ましてや

自分にとって大切な人の

笑顔は本当に嬉しいもので、

その笑顔に触れて自分も笑うことが

できたら、幸せですね。

 

あなたが最近笑顔になったきっかけは

何でしたか?誰の笑顔に出会いましたか?

どんな笑顔でしたか?

 

美味しいものを食べて自然とあふれる笑顔。

こんないいことがあったんだ!!とちょっぴり興奮している笑顔。

緊張していたけれど、

安心した途端に出た安堵の笑顔。

体調が良くなってきての笑顔。

やり遂げた!やったぞ!!の笑顔。

再会して懐かしさがあふれる笑顔。

楽しかったことを思い出して大笑い。

面白い動画を見て吹き出しちゃた時の笑顔。

あなたのことが大切だよ、と伝える笑顔。

素敵な光景を見て、優しい気持ちが湧き出る笑顔。

鏡を見て自分に微笑みかけてみる(笑)。

どれも間違いなく笑顔です。

 

毎日の暮らしは大変なこともつらいことも

我慢しなくてはならないこともたくさんあり、

調子の悪いときにまでいつもいつも

笑顔を忘れずにいましょう!!、

なんてなかなか言ってもいられません。

 

それでも、笑顔はうれしいもの。

人も自分も心地よくする

最強の機能であり表現だと思います。

 

ちょっとだけ硬い表情を和らげられたら、

ちょっとだけ笑顔が沸き上がってきたら、

ちょっとだけ笑顔が癖にできたなら。

 

いいですね。

 

 

Ako©2021studioARCOS Akiko Kuzuya

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

58歩目 呼吸

岐阜市の姿勢改善専門ピラティス、

スタジオアルコスです。


 

砂浜に

ゆったりと

寄せては返す。

 

メトロノームのそれとは違う

ほんの少し時をずらした

リズムで、

留まるそぶりを見せながら

海原へ

とっぷり返し、また寄せる。

 

私にとって

気持ちの良い呼吸は

じんわりと

満ちていくようなものであり

ゆったりと余韻を残しながら出ていくもの

です。くりかえすことで身体は伸びやかになり

同時に身体の軸が安定していく、

そんな感じを覚えます。

 

表現が難しいのですが、

リズムで言うなら例えば

波のようなもの。

荒々しい波ではなく、

どこまでも穏やかな波です。

 

 

日々暮らす中でいつも共にある呼吸。

生きていくために必要なこの動作は

意識をしなくても身体が勝手に

やってくれます。

自律神経と呼ばれる私たちの意識から独立した

神経そのものの働きです。

 

ただ、すっかりおまかせにしておくと

知らず知らずのうちに

速く浅い呼吸をするようになってしまったり

速く浅くしか呼吸ができない身体の状態、

機能になっていたりということが

往々にしてあります。

癖といっても良いでしょう。

 

その浅い呼吸の状態が続くことで

焦っているような感じがする、

常に焦った毎日を送っているような気がする、

落ち着かない、

と感じている人は少なくなくありません。

 

なぜそういうことが起こるのでしょうか。

 

浅い呼吸とはどんな呼吸かといいますと

酸素が足りてないからもっと呼吸して!!

という類のものになります。

少し大げさな例となりますが、

全力で走った後には

ぜーぜーとなりますよね。

まさにそれです。

酸素足りないから、

もっと一生懸命、働け、働け!!

と号令をかけられている

ようなものです。

そうはいっても速いテンポで

少しずつしか酸素を取り込むことが

できませんから

効率が良いとは言えません。

空回りしているような状態です。

 

そういうわけで

ぜーぜーとまでは行かなくとも

(いつもぜーぜーと

なっている場合はまた別の話となります)

普段から浅い呼吸になっている人は

焦ったり

心がゆったりしないように感じて当然と言えます。

まさにその通りなのです。

 

また、緊張するような場面や、

あわてているときにも呼吸は

速く浅くなりますが、

これもまた、

ゆったりしている場合じゃないぞ!!

と号令をかけられているということです。

そうなると浅い呼吸をして過ごしている人は

わざわざ緊張する場面に

身を置きにいっているようなものです。

必要のないときに空回りしているような

感じですね。

これでは落ち着きようがありません。

 

呼吸は

吸って吐くだけ、という

単純に思われがちな動作ですが

その動きのシステムは

多くの筋や骨の共同による賜物で

実によくできていると思います。

 

私たちを生かすためのこのシステムを

どうせなら気持ちよく使いたいものですね。

呼吸は自律神経がつかさどるものでありながら

意識をして自分で調整することができるという

すてきな権利がついています。

 

この権利を有意義に活用するためには、

1練習、

2身体の環境を整えること、

3意識

が必要です。

この3つを繰り返すことで

ゆったりとした呼吸を

意識してできるようになってくると、

次第にとりたてて意識をしなくても

ゆったりした呼吸ができるように

なってきます。

急いで呼吸する癖がついていた

自律神経が

意識下での練習によって

本来の働きに整えられていった結果です。

そして深く呼吸をすることで、

効率よく酸素がすみずみまで

いきわたるようになります。

 

「呼吸が深くなったのを感じる」

 

「前みたいに焦っている感じが少なくなった」

 

「以前は心臓がバクバク言って自分が大丈夫かと心配になることがあったけれど今はそれがない」

 

「心が落ち着く」

 

「気持ちよく息が吸える」

 

こんなふうに感覚が変わってきたと

お知らせいただくたびに

身体の変化の面白さを感じます。

 

スタジオアルコスでは

段階を踏みながら呼吸の練習をしていきます。

 

あこ   ©2021studioARCOS Akiko Kuzuya